ホーム > 定期演奏会

 南大沢文化祭 南大沢フィルハーモニー 第14回定期演奏会

[プログラム]
シューマン 交響曲3番「ライン」
メンデルスゾーン バイオリン協奏曲 (独奏:杉本真弓 )

指揮:諸遊耕史

[日 時] 2019年11月10日(日)午後2時開演
    (午後1時半会場)
[場 所] 八王子市南大沢文化会館 主ホール
 電車:京王相模原線「南大沢駅」徒歩3分
 バス:京王バス「南大沢四丁目」徒歩1分
※専用駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
[入 場] 無料
先着500名様となります。
チケット配布はありません。直接会場にお越しください。

プログラム解説

シューマン 交響曲3番「ライン」

ロベルト・シューマンの交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」(Sinfonie Nr. 3 Es-Dur op. 97 "Rheinische" )は、1850年に作曲され、1851年2月6日にデュッセルドルフにおいてシューマン自身の指揮によって初演された。シューマンが完成した交響曲としては、実質的には4番目で最後のものにあたるが、2番目のものは後年改訂出版されて「第4番」とされたため、第3番に繰り上がった。「ライン」の副題はシューマンが付けたものではない。演奏時間約35分。

日本初演は1927年9月25日、日本青年館にて近衛秀麿と新交響楽団によって行われた。シューマンの交響曲のなかで最も早く日本で演奏された。


作曲の経緯など
1847年5月に長男を失い、11月、盟友であったフェリックス・メンデルスゾーンの死によって、シューマンは打撃を受けた。しかし、フェルディナント・ヒラーの後任としてドレスデンの男声合唱団の指揮をすることになり、シューマンはこれを混声合唱団に拡大するなどして力を注いだ。

1849年5月にドレスデンで革命蜂起(ドレスデン五月蜂起(ドイツ語版))が起こると、シューマンは心情的には自由主義の立場にあったが、精神障害や家族の安全のこともあってマクセンに避難する。この間、革命的な音楽や行進曲を作曲している。さらに、8月のゲーテ生誕100年記念祭に向けて、『ファウストからの情景』の作曲をすすめ、ピアノ曲集『森の情景』を完成させた。

1850年、再びヒラーの後任としてデュッセルドルフの管弦楽団・合唱団の音楽監督に招かれる。9月に同地に到着したシューマン夫妻は盛大な歓迎を受けた。シューマンはライン川沿岸を好んで散歩し、9月と11月にはライン川上流に位置するケルンにも足を延ばした。壮麗なケルン大聖堂に感銘を受け、折しもこの時期に挙行されたケルン大司教ヨハネス・フォン・ガイセルの枢機卿就任式の報に接し、交響曲の霊感を得たという。シューマンは同11月にチェロ協奏曲を完成させると、ただちに交響曲の作曲に取りかかって、12月には完成している。「ライン」の副題は、シューマン自身が付けたものではないとしても、シューマンがライン川の川下りやそれを取り巻く環境に大いに触発され、その音楽もまた関連が深いことは間違いなく、第1楽章(ローレライ)、第2楽章(コブレンツからボン)、第3楽章(ボンからケルン)、第4楽章(ケルンの大聖堂)、第5楽章(デュッセルドルフのカーニヴァル)と関係が深くなっている。


構成
第1楽章 生き生きと(Lebhaft)
速度・表情の指示はドイツ語による。変ホ長調。3/4拍子。ソナタ形式。
第1主題が勢いよく呈示される。切分音を使ったリズム変化で、滔々と流れる印象を聴き手に与える。第2主題は木管による哀愁を帯びたもの。コデッタは第1主題の動機に基づいており、この提示部はシューマンの交響曲の第1楽章としては唯一反復指定がない。185小節目から始まる比較的長めの展開部は、二つの主題や経過句の動機を使い、後半でホルンの斉奏が第1主題の拡大形を勇壮に示して再現部へとつなげる

第2楽章 スケルツォ きわめて中庸に(Sehr mäßig)
ハ長調。3/4拍子。中間部を二つ持つABABAの形式。
スケルツォとされるが、諧謔味は薄く、Aはたゆたうようなリズムが特徴的。Bはイ短調で管楽器の柔らかい響きが目立つ。

第3楽章 速くなく(Nicht schnell)
変イ長調。4/4拍子。
細かく見れば、ほぼABCBCAの形式と見られるが、各部の区分はあまり明確でない。Aは木管による親密な表情で呼びかけるような旋律、Bは弦による音階上昇の動機、Cは逆に下降する動機が特徴的。金管はほぼ沈黙し、終始静かに演奏される。

第4楽章 荘厳に(Feierlich)
楽譜の調記号は変ホ長調だが、実際の響きは変ホ短調。4/4拍子。
当初「厳かな式典の伴奏のような性格で」と記され、ケルンでの枢機卿就任式の儀式の雰囲気を模したことが認められる。金管がコラール風の息の長い旋律を示し、これがカノン風に繰り返される[1]。そこから派生した低弦の動きのある短い動機が加わり、再び初めの旋律に戻るという、ほぼ3つの部分で構成されている。この楽章の素材が次の楽章でも活躍することから、フィナーレへの序奏としての性格も持っていると考えられる。

第5楽章 フィナーレ 生き生きと(Lebhaft)
変ホ長調。2/2拍子。
金管のファンファーレを伴う、活気のある第1主題が弦によって示される。第2主題は明確には認められない。金管の走句がたびたび挿入され、祝祭的気分を盛り上げる。展開部では第4楽章の主題も登場し、再現部に向けて長いクレッシェンドを築く。コーダで再び第4楽章の主題を用いて高揚し、全曲を明るく結ぶ。


オーケストレーションの変更・改訂
かつてシューマンの交響曲は、様々な指揮者により様々なオーケストレーションの変更が行われていた。その理由としては、楽器の重ね過ぎを間引きするためや、楽器(主に金管)の性能向上によるパッセージの旋律化などが挙げられる。中でもこの曲はオーケストレーションに手を加えられる機会が他の交響曲よりも多かったようである。

代表的な例としてはマーラー版が挙げられる。一部で楽器の変更や奏法の変更がなされており、両端楽章ではトランペットとティンパニの出番が削減され、音量バランスの変更やテンポ変化の指示が加えられている。トスカニーニ、チェッカート、シャイー(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団との新盤)、スダーンがマーラー版による録音を残している。ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社に依頼すればスコアの入手も可能[2]である。

他にマーラー版のオーケストレーションを一部採用した指揮者としては、ジュリーニ、ロジェストヴェンスキー、セル、ワルター、ヴァント、メータ、パレー、セムコフ、ムーティ(フィルハーモニア管)などが挙げられる。この中でもジュリーニ、ロジェストヴェンスキー、セルはかなりマーラー版に近い。

他にレイボヴィッツはマーラー版を下敷きとしながらも更に手を加えた、さながらレイボヴィッツ版とでもいうべき録音を残している。興味深いことに、シューリヒトはパリ音楽院管弦楽団との録音において、レイボヴィッツとほぼ同じ変更をしている。このことは、レイボヴィッツがパリ音楽院で教鞭をとっていたことと何か関連があるかも知れない。ちなみにシューリヒトはシュトゥットガルト放送交響楽団とこの曲を再録音しており、こちらも旧録音とほぼ同様の改訂を行っているが一部を原典通りに戻している。

他にクレンペラーもマーラー版を下敷きとしながら、一部クレンペラー独自の改訂を加えている。

脚注
[1] シューマンのオーケストレーションが時代遅れであるとの評価は昔から言われており、オーケストラが鳴らないことは指揮者泣かせであるが近年はその鳴らない響きがかえって個性的であるとの再評価も出てきている。シューマンのオーケストレーションの拙劣さの例としてしばしば言及されるのが、第4楽章の始めに現れるホルンとトロンボーンによるコラールである。第1トロンボーンにアルト・トロンボーンが指定(当時は一般的であった)されているせいもあるが、その最高音は変ホ音である。これはラヴェルの『ボレロ』のトロンボーンのソロで使われている音域よりもさらに高く、しかも、いきなり4度上昇して変ホ音に達するため、現代の普通のオーケストラで使用されているテナー・トロンボーンではしばしば吹き損ねることで知られる。(参考文献:近衛秀麿著『オーケストラを聞く人へ』改訂版、音楽之友社、1970年8月)

[2] なお、マーラーは4曲すべてを編曲しているが、ブライトコプフのWebカタログ上でマーラー版が掲載されているのは交響曲第3番のみ。(2010年2月6日確認)

「交響曲第3番 (シューマン)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。 2018年9月29日 (土) 08:14 UTC 、URL: http://ja.wikipedia.org )より引用

プログラム解説

メンデルスゾーン バイオリン協奏曲

ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64 (独:Violinkonzert e-moll Op.64)は、メンデルスゾーンが1844年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲である。

明るい華やかさ、幸福感と憂愁の両面を併せもち、穏やかな情緒とバランスのとれた形式、そして何より美しい旋律で、メンデルスゾーンのみならずドイツ・ロマン派音楽を代表する名作であり、本作品は、ベートーヴェンの作品61、ブラームスの作品77と並んで、3大ヴァイオリン協奏曲と称される。

メンデルスゾーンは本作品以前にもう一曲、ニ短調のヴァイオリン協奏曲を作曲している。ただしニ短調の協奏曲は1951年にヴァイオリニストのユーディ・メニューインが再発見するまで永い間忘れられており、本作品(ホ短調のヴァイオリン協奏曲)とは知名度に大きな差がある。またピアノ協奏曲(第1番と第2番)や2台のピアノのための協奏曲(ホ長調と変イ長調)、ヴァイオリンとピアノのための協奏曲など、メンデルスゾーンのその他の協奏曲は、いずれも本作品のような知名度はない。単に「メンデルスゾーンのコンチェルト(協奏曲)」と言う場合、本作品以外の協奏曲を指すことがほとんどないため、日本の音楽愛好家はこれを短縮した『メン・コン』の愛称で本作品を呼び習わしている。


作曲の経緯
本作について最初に言及されているのは、1838年、メンデルスゾーンがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の常任指揮者の地位にあった時、そのコンサート・マスターであったフェルディナント・ダヴィッドに送った手紙で、翌年の冬までにはホ短調の協奏曲を贈る、との内容が書かれている。しかし、実際に翌年には完成せず、演奏上の技術的な助言をダヴィッドから得ながら作曲は進められ、結局この作品が完成したのは、最初の手紙から6年後の1844年9月16日のことであった。

ピアノ協奏曲ホ短調
メンデルスゾーンは、1842年から44年ごろにかけてホ短調のピアノ協奏曲の作曲を試みたが、2楽章までのピアノスコアと第1楽章冒頭のオーケストレーションに手を染めたところで中断してしまう。この曲は、ヴァイオリン協奏曲と調性が同じであり、類似点が多く指摘されていることから、メンデルスゾーンは同曲作曲の途中でヴァイオリン協奏曲に移行したのではないかと考えられている。アメリカのメンデルスゾーン研究家R. Larry Toddはこの考えに基づき、第1・2楽章のオーケストレーションと共にヴァイオリン協奏曲の第三楽章を転用した補筆版を発表しており、CDもリリースされている。


作品の内容
3つの楽章からなっているが、これらを中断なく続けて演奏するよう指示されている。しかし、それは後年シベリウスの交響曲に見られるような有機的なつながりによるものではなく、各楽章の楽想はむしろ独立性が強い。連続して演奏するようにという指定は、作品の持つ流動感や漸進性を中断させないための配慮であると考えられている。これはメンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番にも応用されている。 また、それまでは奏者の自由に任されることが多かったカデンツァ部分も全て作曲し、音を書き込んでいる。これはベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」と同様、曲の統一性のためである。3大ヴァイオリン協奏曲の中では演奏時間が最も短く、オーケストラが活躍する場面が多くない一方で独奏ヴァイオリンがほぼ弾きっぱなしであるうえ、技巧的にも3大ヴァイオリン協奏曲の中ではブラームスの作品77と並んで困難である。作曲家の諸井誠は、同曲を収録したLP「これがメンデルスゾーンだ!」(1974年CBSソニー)解説で、高名な海外ヴァイオリニスト(名は伏せてある)が来日して学生たちと「史上最高のヴァイオリン協奏曲は?」の話題になった際、ベートーヴェンを「最高の音楽だが最高の協奏曲ではない」、ブラームスを「ヴァイオリン独奏付の交響曲でしかない」、チャイコフスキーを「メンデルスゾーンに酷似しすぎている」と退けたあげくに同曲を押したエピソードを紹介、独奏パートがとりわけ奏者から愛されていることを示唆している。

第1楽章 アレグロ・モルト・アパッシオナート ホ短調
速度・表情の指示はドイツ語による。変ホ長調。3/4拍子。ソナタ形式。
ソナタ形式 13分ー14分。オーケストラによる序奏が無く、上述の通りほぼ休むことなく独奏ヴァイオリンが主題を提示している。弦楽器の分散和音に載って独奏ヴァイオリンが奏でる流麗優美な第1主題は、大変有名な旋律で、商業放送などで親しまれている。旋律に続いて独奏ヴァイオリンが技巧的なパッセージを奏で、オーケストラが第1主題を確保する。続いて力強い経過主題が表れ、独奏ヴァイオリンが技巧を誇示する。第2主題は木管楽器群で穏やかに提示される。これを独奏ヴァイオリンが引き継ぎ、その後展開部となる。展開部の終わりにカデンツァが置かれていることもこの作品の特徴であり、その音符が全て書き込まれているのも、この時代としては画期的なことであった。しかもアルペッジョが多用され、パガニーニの24の奇想曲第1番に強く類似していて華々しい。カデンツァの後で再現部となり、最後に長いコーダが置かれている。ここで独奏ヴァイオリンが華やかな技巧的な音楽を繰り広げ、最後は情熱的なフラジオレットで高潮して終わる。

第2楽章 アンダンテ ハ長調
三部形式 8分ー9分。第1楽章からファゴットが持続音を吹いて第2楽章へと導く。主部主題は独奏ヴァイオリンが提示する優美な主題。中間部はやや重々しい主題をオーケストラが奏で、これを独奏ヴァイオリンが引き継ぐ。その後はしばらく重音が続き、第二楽章の主部に戻る。

第3楽章 アレグレット・ノン・トロッポ 〜 アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ ホ短調→ホ長調
ソナタ形式 6分ー7分。楽章の始めに第2楽章の中間部の主題に基づく序奏が置かれている。主部に入るとホ長調に転じて管楽器とティンパニが静寂を破り独奏ヴァイオリンが第1主題の断片となる軽快な動機を繰り返すが、5度目に第1主題として演奏を始める。技巧的な経過句を軽やかに抜け力強い第2主題へ至る。初めオーケストラにより提示された第2主題はオーケストラがそれを変形する上で独奏ヴァイオリンによって確保される。展開部では独奏ヴァイオリンによる第1主題の後、新たな荘重な主題が提示される。展開部はこの二つの主題を軸に音楽が進んでゆく。再現部はホ長調による型通りのもの。最後に華々しいコーダが置かれ全曲の幕を閉じる。



「ヴァイオリン協奏曲 (メンデルスゾーン)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。 2019年1月3日 (木) 17:05 UTC 、URL: http://ja.wikipedia.org )より引用

Copyright(C) MINAMIOSAWA PHILHARMONIC ORCHESTRA All Rights Reserved.